--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2007/08/25 (Sat) ベリル貧乏旅行~奥飛騨編~

こんにちは!グラススタジオ☆ベリルです♪
残暑キビシイ日が続いておりますね~。。。
ガラス工房も火を落としたと言うのに工房の中は
じっとしていても汗がにじんできます・・・。
この暑さは暫く続きそうですねぇ~・・・(´_`illi)

さてさて!ガラス窯メンテナンス・夏季休業の為、窯の火を
落としておりますベリルですが、火を落としたら恒例の
アレでございます!!「ベリル貧乏旅行~☆(プチ)」
猫達もこの暑さで長くは留守番させられないのでとりあえず
日帰り旅行に行く事にしましたヨ。

目的地をどこにしようか悩んでいると、ふと吉田が
「奥飛騨なんていいんじゃない~?」と一言。
早速ネットで検索してみると「ワンコインで楽しめる平湯温泉」
のサイトを発見!これは貧乏旅行にはもってこいデス(^_^)/
なかなか評判も良さそうでしたので奥飛騨「ひらゆの森」の
平湯温泉に行く事にいたしました~!

と言う訳で、ベリル貧乏旅行~奥飛騨編~のはじまりです~!
日程は2日間でしたが日帰りで十分の距離なので当日の早朝に
奥飛騨ひらゆの森にいざ出発デス(´∀`)ノ”

お盆休み期間と言うこともあって途中やや混雑していましたが
道沿いの自然豊かな山々や川渓谷を眺めながらベリルの愛車バネ太で
41号線を北上します。約4時間後、目的地近くに到着。。。


↓車窓から美しい山並みの風景が広がります!
2007beryltabi1.jpg


暫くして「ひらゆの森」に到着です~!!
周りはキャンプ場やハイキングコースなどもありお盆休みの
レジャーを楽しむ人でいっぱいでしたヨ。
2007beryltabi3.jpg


↓コチラ、ひらゆの森の正面玄関です♪
2007beryltabi4.jpg

とても重厚な佇まいで築300年の古民家を移築した建物だそうです。
館内はすべて畳敷きになっていて足が心地良いデス!

奥飛騨温泉郷の平湯温泉はその昔、武田信玄・軍が飛騨に訪れた時、
老猿が乗鞍岳から湧き出る湯だまりで傷を癒していた事にならい
武田軍が温泉で疲れを癒したと言ういわれがあるそうです。
奥飛騨温泉郷の中でも最も古い歴史をもち、武田信玄の隠し湯として
親しまれているそうですヨ。

さてさて!お目当ての温泉はどんな感じか楽しみです♪
入浴料500円を支払い、早速入ってみる事にしました!

↓こちら、露天風呂の風景です。ひらゆの森HPよりお借りしましたヨ~。

hirayu1.jpg
hirayu2.jpg

実際は写真よりずっと広々としていて開放的な感じです♪
男女共に各1つの大きな内湯と男性6つ女性7つの露天風呂があります。
泉質は含硫黄、ナトリウム・カルシウム・マグネシウム炭酸水素塩泉。
そして何よりうれしいのは天然温泉かけ流しと言うことですネ!!

内湯・洗い場の方は歴史を感じる古い建物で浴室に入ると
硫黄の香りが漂います。小さい頃は大キライだったこの硫黄臭ですが、
今は大好き!(笑)良い温泉に来た!と言う感じがします♪

露天風呂の方は大小様々な岩風呂や木造の風呂、陶器でできた大き目の
つぼ風呂の様なものなどなど、色々楽しめます。(^_^)
何より楽しいのは湯船によって一つ一つ湯の温度や色、硫黄の匂いや
湯の花の量がそれぞれ違うと言うことです♪
周りの景色や山々を眺めながら思わず長湯してしまいます!(・∀・)

最初は入浴料500円という安さにあまり期待していなかったのですが
嬉しい誤算となりました!昨年旅した東北の後生掛温泉に続く
お気に入りの温泉の一つとなりましたヨ~(・ω・)

↓ひらゆの森、玄関前にあった源泉です。
とても熱くてずっと手をいれられないくらいです!
2007beryltabi5.jpg

↓こちら、入り口付近にある無料の足湯ですヨ~。
2007beryltabi14.jpg

ひらゆの森HPはコチラ↓
温泉と森林浴 ひらゆの森

当日は天気も良く真夏の日差しでしたが、この辺りは吹く風が冷たくて
お風呂上りにはとても心地良く感じました!!
ひらゆの森付近にこれまた秘湯と言った感じの「神の湯」
と言う露天風呂があるそうなのでまた機会があれば是非行ってみたいと
思いマス~(^_^)

お次はお決まりのB級グルメ探索ですヨ~♪

↓コチラは飛騨牛ミンチカツ!
「飛騨牛」の言葉につられつい買ってしまった一品。。。
2007beryltabi7.jpg
飛騨牛はよくわかりませんでしたが美味しかったデス。

↓地元のコープで見つけた朴葉ずしです~。
2007beryltabi8.jpg
三重のサンマ寿司と一緒で土地によって味付けや具が
色々と違うようですネ!こちらはあっさりとした味で鮭・椎茸等の具が
ご飯にまぶしてありましたヨ。なかなか美味でした♪

↓コチラは飛騨高原牛乳。
2007beryltabi9.jpg
牛乳はその土地でしか飲めないものがあるので旅に行った時の
楽しみの一つです♪この飛騨高原牛乳はまろやかで癖がなく、
とても美味しかったですヨ!

温泉&B級グルメも堪能し夕方、帰路に付くことにしました。
帰る途中、下呂市金山町の花火大会が開催されていたのでちょっと
寄り道して行く事にしました♪
小さな花火大会でしたが出店が立ち並び、地元の方や帰省した方
観光客の方で賑わっていましたヨ。

↓コチラ花火大会の動画です♪(音が出ますのでお気をつけ下さいネ)



奥飛騨の美しい山々や川の風景・温泉、お祭り&花火に感動し、
ベリル貧乏旅行~奥飛騨編~も無事終了いたしました。
今回は近場でもまだまだ魅力的な場所が沢山あるんだナ~と
再認識しました!

しかし旅はイイですね~♪(´∀`)
約8ヶ月ぶりのプチ遠出でしたが見るものすべて新鮮な感じです!
また機会があれば旅レポをご紹介したいと思いますので
宜しかったらまたどうぞお付き合いくださいマセ~♪♪(・ω・)ノ 




スポンサーサイト

ベリル貧乏旅行 |


2006/10/14 (Sat) ベリル貧乏旅行東北の旅~後編~

最近は随分と日没が早くなってまいりましたねぇ~。。。
こんにちは!グラススタジオ☆ベリルです♪
夕日がキレイなテンプレを見つけたので変えてみましたヨ~!(*^_^*)
晩秋用にぴったりのテンプレも見つけたので時期をみて変えてみますネ♪

さて、今回は「ベリル貧乏旅行の旅~東北 後編~」をご紹介したいと思いますヨ!
旅の後半は、岩手の小岩井農場~秋田の田沢湖~帰路までです。
八幡平を後にした吉田・中山は次の目的地“小岩井農場”へ出発!!
小岩井農場と言えば、牛乳や乳製品のブランド名でお馴染みですよネ。
ちなみに小岩井のコーヒー牛乳は大好きでお昼のお供によく飲んでました♪
そして私の好きな詩人・童話作家の宮沢賢治ゆかりの地でもありますヨ。
小岩井農場は岩手山の南麓にあり雄大な農場風景が広がっています。

↓コチラ写真が無いのでHPよりお借りしました。
koiwai2.jpg

koiwai1.jpg

農場内でお昼を済ませ(牛乳がメチャクチャ美味しかった!)まきば園内を散策します。
園内で開催されている催し物の一つに農場で働く牧羊犬の仕事を紹介すると言う
ショーがありました。
まずはお兄さん・お姉さんが羊の特徴や生態について説明してくれて、
実際に牧羊犬が羊達を誘導するところを見せてくれます。
course_pic_03.jpg
comm_pic_06.jpg
このショーの主役はボーダーコリーくん。
この犬種は別名“アイドック”と呼ばれているらしく、一言もほえる事無く目で睨む事により
羊達を目的の場所まで誘導する事が出来るそうです。
これはこのボーダーコリーと言う犬種の特徴だそうですよ。
主役のボーダーコリーくん、見事な睨みで羊達をビビらせ目的の場所まで誘導できました!
ホント、人と犬がこんなにコミュニケーションをとりながら一緒に仕事が出来るなんて
とても感動的でした!!
約20分ほどでショーは終了し、再び園内を散策します。

暫く歩いていると真っ黒く光るSLを見つけました。
↓興味深げに見入る吉田。
koiwai3.jpg

まきば園の芝生の広場ではお弁当を食べている人や昼寝をしている人、
バトミントンを楽しんでいる人など、何とものんびりとした風景が広がります。
のんびりゆったりとした時間を過ごしたい人には是非お勧めの場所ですヨ!(・∀・)
↓小岩井農場まきば園のHPはコチラ。
http://www.koiwai.co.jp/makiba/index.html

小岩井農場を後にし、お次は秋田県にある田沢湖に向います。
この湖は日本で一番深い湖だそうで最大水深が423.4mもあるそうです。
湖面の吸い込まれそうな深い瑠璃色がとてもキレイでした。
↓田沢湖を背に佇む「辰子(たつこ)像」
tatsuko.jpg

この辰子像にも古くからの伝説があるようです。
昔、とても美しい辰子と言う娘がいました。
辰子は自分の美しさを永遠のものにしたいと思い観音様に願をかけました。
そして観音様のお告げにより北の山を越えた所にある霊泉を飲む為その泉に向いました。
その泉には美しい岩魚が住んでいてそれを捕らえて食べたとたん耐え難い喉の渇きに
襲われました。たまらず腹ばいになり泉に直接口をつけて飲んでいるうちに辰子の体は
竜になってしまいました。
それと共に天地鳴動、山が崩れ谷を埋め水が溜まり大きな湖が出来ました。
竜になってしまった辰子はこの湖に入り主となったと言う伝説です。
夕暮れの湖に浮かぶ黄金の辰子像は少々物悲しくひっそりと佇んでいました。

長かった東北の旅はこれでおしまいです。
思い残す事は無い・・・・・とは言えませんやっぱり。。。
東北は奥が深いです。温泉だけでも数え切れないくらいあるし、中でも
宮沢賢治がイーハトーブと呼んだ岩手の大地は素晴らしく美しかった。
もう少し時間があればまわりたかった所が沢山あるのですが、次回の
お楽しみと言う事で又機会があれば是非旅したいと思いますヨ♪

さてさて、お次は帰路に着く旅です(笑)
何といっても遠いので帰るのにも一苦労。。。
愛車バネ太と共に海岸沿いの8号線をひたすら走り続けます。
仮眠しつつ一夜明けて新潟に到着。早朝の海はとてもキレイです。

途中、新潟県と富山県の県境にある「ヒスイ海岸」に立ち寄りました。
その名の通り、運が良ければ海岸でヒスイの原石を見つける事が出来るそうです。
疲れも忘れ血眼になって小石を拾う吉田・中山・・・・・。

↓ホント、こんな大きいのが見つかるといいんだけどねぇ~・・・。
hisui.jpg

ヒスイ海岸にはキレイな小石がいっぱい!↓コチラとてもフレンドリーな小鳥でした。
hisuikaigan1.jpg

↓ヒスイ海岸の小石達。
hisuikaigan.jpg
暫しヒスイ原石大発見の夢を見つつ、思い出したかのように帰路へと急ぎ出発します。

さて、お昼も近くになりました。 
実はここら辺の名物で前々から食べてみたいと思っていたものがあるのです。
その名物とは「たら汁」!!!
3年前の旅で「たら汁」なる名物があると言うことを知ったのですが、
結局食べれずじまいだったのです。。。
やっと3年越しのリベンジだ~!!!
ゴメンなさい。写真が無くてこちらも借り物の画像です。。。<(_ _)>
tarajiru.jpg

コレは正解!!
凄く美味しかったですよ♪
味噌仕立てのスープに大きなたらの切り身が沢山入っていて
実に美味しい!疲れも吹っ飛びました。
北陸方面に行かれたら是非食べてみて下さい♪♪
たら汁で元気復活しその後ぼちぼち休憩をとりつつ午後6時頃に無事帰路に着きましたヨ。

ただいま~♪
jijiciao3.jpg

旅での気掛かりはやはりジジ&チャオ。
黒いものを見てはジジ姉さんを思い出し、
散歩中のフワフワな犬を見てはチャオを思い出す。。。
ジジ&チャオの留守番のお陰で良い旅が出来ました。感謝の心でご対面・・・・・。
・・・しかしよくよく部屋の中を見ると結構荒れてる。。。
猫缶を開けつつ、大掃除で旅を締めくくりました。(^_^;)

今年のベリルの旅もこれで終わりです。
これからは吹きガラス制作の日々が始りますヨ~。
この旅で見たり感じたりした事を、ガラス制作にも生かす事が出来たらナと思います。
11月中旬から新しく始まるグラススタジオ☆ベリルを
どうぞヨロシクお願いいたしますネ~♪(´∀`)ノ 

ベリル貧乏旅行 |


2006/10/12 (Thu) ベリル貧乏旅行東北の旅~前編~

随分とご無沙汰になってしまい申し訳ございませ~ん!!
お久しぶりのグラススタジオ☆ベリルでございます。。。<(_ _)>
すっかり朝晩冷え込む季節になってまいりましたネ~。
秋真っ只中と言った感じです♪
9月初旬には恒例の「瀬戸物祭り」も開催され、ベリルも参加させて頂きましたヨ♪
毎年、お馴染みのお客様にも声を掛けて頂き、ウレシイ限りです!!
ベリルにお立ち寄り下さいました皆さん、そしてガラス仲間の皆さん、
ありがとうございました~!!
setomono6.jpg

さてさて、後期のグラススタジオ☆ベリルの予定ですが、ガラス窯火入れは
11月中旬に行うことに致しましたヨ。
当初の予定より少し遅れますが、吹きガラス体験教室・ガラス講座は、
11月23日(木)からを予定しております。
近々、ベリルサイト・「BERYLガラス体験教室のご案内」に告知させて頂きますので
どうぞ宜しくお願いいたしますネ~♪(*^_^*)

さて、ベリル火入れの予定も決まり、後は気を引き締めて火入れ準備をするのみ・・・・・。
・・・・・っとその前に!
やっぱり行かずにはいられません!ベリル貧乏旅行第三段!!
今回は、♪ベリル東北の旅~♪

え?北海道じゃないの???と言うベリル通のあなた!
いつもベリルサイトをご覧頂きアリガトウございます♪(感謝!!)
そうなのです。今回は日程・予算・猫の都合で目的地変更となりました。。。
(北海道のリバちゃんゴメンネ~(ToT)/)
でも北海道への野望は捨ててはいませんよ~!
来年こそは!!

実は、東北へ行くのは今回で二回目。
三年前に北海道へ行く際に車で青森まで行きました。
すべて下道で!!!(笑)
ホント遠かったのですが、初めて東北に行った時は今まで自分が東北に
ぼんやりと抱いていたイメージがガラリと変わりました。
それまではなんとなく、耐え忍ぶ大地!と言うちょっとダークな感じがあったのですが、
初夏に行った東北は美しく、色彩鮮やかで雄大な大地と海・清流に目を奪われてばかりでした!食べ物も北海道に負けず劣らずとても美味しかったです♪

いつか機会があればもう一度行きたいナァ~と常々思っていたので、今回の旅は吉田・中山の意見も割れることなく一致し、ベリル貧乏旅行の目的地は東北に決定したのです♪

それではちょっと長くなりそうですので、今回は前編の出発~秋田、八幡平・後生掛温泉編と言う事でご紹介いたします~。(・∀・)

出発は9月末、予定した日程は4日間です。
深夜、国道41号線から8号線をベリルの愛車バネットの「バネ太」でひたすら走り続けます。。。
貧乏旅行ですから、疲れたら車内で仮眠です。
そんなこんなで目的地に到着するまでなんと丸2日かかってしまいました~。。。(涙)
やっとの思いで早朝、秋田に到着。
↓前夜は雨が降っていましたが何とか晴れてくれましたヨ。
akitaken.jpg

ガイドブック片手に岩手と秋田の県境にある火山台地、八幡平を目指します。
途中、大沼遊歩道で一休み。
所々紅葉が始っていて絵画の様な風景が広がります。
↓こちら大沼遊歩道の入り口風景です。


沼を1周出来る30分ほどの遊歩道があるのですが、周りに誰もいなくて、何だかクマが出そうで凄く怖かったので歌いながら走り抜けました。。。(笑)

↓こんなキレイな花を見つけましたヨ♪
hachimandairanohana.jpg

↓吉田がえらく感動した花々。
hachimandairanohana2.jpg

大沼遊歩道を後にし、八幡平のアスピーテライン(現在無料)の道を行く手前に温泉を発見しました。
ここら辺は温泉の宝庫で、ガイドブックを見ても至る所に温泉マークがあります。
吉田・中山が立ち寄ったのは「後生掛温泉」です。
これが大当たりでしたヨ♪
“馬で来て足駄で帰る後生掛”
と歌われるほど諸病に効果がある温泉だそうです。

furo1.jpg

野趣あふれる浴場は歴史を感じさせます。湯は硫黄のニオイがするにごり湯でした。湯治宿舎もあり遠くから療養に来てる方もいるようです。
後生掛温泉の由来は、
「一人の男に後生を掛けて祈りながら大湯沼に身を投げた二人の女の伝説からこの名がついた。
オナメは妾・モトメは妻。後生掛温泉の名はこれに由来しています。(HPより)」
だそうです。なんとも悲しい物語が語り継がれているようです。
↓興味のある方はこちらの後生掛温泉HPものぞいてみて下さいネ♪
http://www.goshougake.co.jp/index.shtml
温泉も堪能させて頂き、入り口の売店で名物黒温泉卵ときりたんぽを購入。
b-gurumegosyougake.jpg


↓見た目はグロイが、味はいつものゆで卵とはちょっと違った味わいで美味しい♪
onsentamago.jpg

温泉のすぐ近くに、地獄めぐりの出来る様な「後生掛自然研究路」なるものを発見し、早速散策することにしました。

・・・すごい!地球は生きていると言う事を実感。。。
gosyougake2.jpg

コチラ動画です。

↓オナメ・モトメの泥火山。
onamemotome2.jpg

↓大泥火山を見ながら温泉卵を食べる吉田。
onamemotome.jpg

ここでもクマに遭遇するんではないかとちょっとヒヤヒヤ・・・。
たまにすれ違う人はクマ除けの鈴を持ってたりするので余計緊張してしまいます。。。
仕方ないので人気の無いところでは歌を歌う事にしました!(笑)
不意に人にばったり会ったりすると、めちゃくちゃハズカシイ・・・。

結構見どころ満載だった後生掛自然研究路でしたヨ♪

さて時間も過ぎ、お昼近くになってきたので八幡平アスピーラインへ出発です。
八幡平の樹海の中を走り抜けるこのアスピーラインは、無料なのが不思議なくらいとても素晴らしいドライブコースです。
走りだしたところでやや霧が出て来た為、ちょっと残念でしたが、時間がたつにつれ徐々に霧も晴れてきました。

↓紅葉した木々に囲まれた美しい沼が見えます。
hachimandaira1.jpg

八幡平の美しい色彩と雄大な自然を見る事ができ暫し感動です!!
写真や絵で表現しきれないのが何とも残念。
もう一度来たいと思わずにはいられない場所でした♪

八幡平のふもとで一休み。
小腹がすいたので売店をのぞいてみると宮城名物ずんだ餅がありました。
コレは是非制覇しておきたい!!
ずんだ餅とは枝豆の皮をとって潰したものに砂糖をまぜた“ずんだ”をまぶした餅だそうです。
初めて食べてみましたが今まであまり食べた事の無い味でした。
ズバリ枝豆の味がする甘しょっぱい餅なんですけど。
私は結構気に入りましたが、吉田の方はちょっと苦手な様子。
勿論、吉田の分まで完食させて頂きましたヨ♪
↓写真が無いのでネットでイタダキました。売っていたのは串団子状でした。
photo_zunda.jpg

そんなこんなで八幡台平と後生掛温泉を堪能させて頂きましたヨ。(*^_^*)

この後、岩手の小岩井農場~秋田の田沢湖~に向います。
それでは次回は後編をご紹介致しますので宜しかったらまた是非、
お付き合い下さいませ~♪(´∀`)ノ '`ィ

ベリル貧乏旅行 |


2006/07/14 (Fri) ~ベリル貧乏旅行紀伊半島の旅~

今期、グラススタジオ☆ベリルのガラス窯の消火も無事終了し、ホッと一安心・・・。
・・・と言ったところで!!

さてさて!今回もやってまいりました~!
“ベリル貧乏旅行の旅”!!
ベリル常連の皆様には恒例のアレですネ!!
初めてブログに来て下さった方にちょっとご説明を。

旅が何より好きな吉田・中山がガラス窯の管理の為、
半年以上もの間遠出が出来なかった鬱憤をはらすべく、
思いつくまま気の向くまま、貧乏旅行を楽しむゾ~と言う旅の
レポートですヨ~♪(´∀`)ノ 

昨年の山陰山陽の旅に引き続き、今回は紀伊半島の旅です。
ホントはもうちょっと遠出したかったんですけどね~。。。
最近はシャレにならないくらい蒸し暑いので、ジジ姉さん&チャオ
の事を考えて、場所は近場で悪天候の日を選びました~。。。(笑)

7月9日午後11時出発。
延々と下道を走り続け4~5時間後には中山の故郷である尾鷲市を通過。
キツイ峠道をバネ太(ベリルの愛車のバン)に揺られ数時間。。。
背中とお尻が限界に達した頃、やっと和歌山県に到着です。

暫く走行後、海上一直線に岩の柱が立ち並ぶ
和歌山県の名所「橋杭岩」に立ち寄りました。
↓コチラ写真ですヨ。
2006.710kihantou2.jpg

ちょっと曇ってましたが、何とも幻想的な風景。

そして目的の一つである潮岬「本州最南端の地」に到着。
2006.710kihantou1.jpg


↓コチラは本州最南端から見た太平洋の海ですヨ♪
暫し最南端の雄大な海をご覧下さいませ~!(*^_^*)



潮岬を後に、旅のメインの目的である三大美人の湯「竜神温泉」へ!!
実は3~4年前のお正月に訪れて以来、絶対もう一度来ようと思った
温泉です。
2006.710kihantou3.jpg

泉質は単純重曹泉(無色透明)お肌ツルツルになります♪
湯から出た後も暫く体がポカポカでしたヨ~(・∀・)
是非一度入ってみて下さい!おすすめの温泉です!

竜神温泉で長湯した後、紀伊山地の霊場「高野山」へ。
2006.710kouyasan.jpg

いや~!メチャクチャ厳かな雰囲気の場所でしたよ!
弘法大師入定処である奥の院へ行くまでに沢山のお墓が立ち並びます。
一般の方のお墓だけでなく、企業の物故者のお墓だったり、
はたまた、豊臣秀吉・織田信長・赤穂浪士などなど・・・・・。
ふと見ると、歴史上の登場人物のお墓だったりしてビックリです(^_^;)

時間が無かったので奥の院をお参りして高野山を後にしましたが
今度はもう一度ゆっくりと回ってみたいデス。。。

さてお次は貧乏旅行につきものの“B級グルメ探索”です!
今回の旅はやはりこれでしょう!!!
2006.710sanmazusi.jpg

♪サンマ寿司~♪

サンマ寿司は三重県から和歌山県全土で見かけたんですけど
地域によってビミョーにサンマの脂ののり方や酢の風味が
違うみたいです~!
個人的には和歌山県側のサンマ寿司が好きでした。
あまり光モノが好きでない吉田も、あまりの美味しさに完食です☆
旅先で、地元のスーパーやお店をまわると結構楽しいですネ~♪

こうして“ベリル貧乏旅行紀伊半島編”は無事終了いたしました!
今回は短い時間でしたが、なかなか内容の濃い旅でしたヨ~。

しかし、まだまだ行ってみたい所がいっぱいです~!!(´∀`)ノ 
ガラス窯火入れまでの間にまた気まぐれに旅を決行するかも知れません
ので、次回また是非ご覧下さいませ~♪♪

そうそう、忘れるところでした。。。
近々、吉田ヒサミツグループ展のご案内もさせて頂きますネ~!(・∀・)


ベリル貧乏旅行 |


| TOP |

プロフィール

BERYL

Author:BERYL
こんにちは!
岐阜県可児市の吹きガラス工房グラススタジオ☆ベリルです。

吹きガラス工房の一日の出来事や、ガラス展情報・作品制作の様子をはじめ、最近気になる出来事などをご紹介したいと思います。

グラススタジオ☆ベリル
ウェブサイトはこちら


どうぞ、ごゆっくりおくつろぎ下さいませ~♪

ランキングに参加してます~♪ 

にほんブログ村 美術ブログへ 人気blogランキングへ 88-31-2.gif
ブログランキング ブログランキング

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

♪夜空を見上げてみよう♪

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

このブログをリンクに追加する

♪BERYLセレクト☆アマゾン商品♪

●●ベリルが選んだアマゾンの商品をご紹介いたします♪是非お気に入りの一冊&一品を見つけて下さいませ~!(・∀・) リンクはコチラ↓

★BERYLセレクト♪アマゾン商品★

♪一冊は欲しい!ガラス関連の本♪

RSSフィード

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。